猫と健康

猫の点眼治療、パンジーの最近の様子

パンジーの点眼治療も6ヶ月を超えてしまいましたが、先日の通院でやっと、やっとエリザベスカラーを少しずつ外してもいいとのお達しがでました!

こちら、病院で待っているときのぱんこちゃん。ワンちゃんが多いし、けっこう吠え続けているワンちゃんがいるときはストレスにならないかしらと気になるのですが、犬の気配や鳴き声は慣れっこになったようです。
exotic_shorthair_pansy
そろそろ、このバッグタイプのキャリーは重くて移動に人間がへとへとになってしまうので、リュックタイプのものを買おうかなと考え中です。どれがいいのかなぁ。

エリザベスカラーを常につけているのが当たり前になっていたので、外した時にいきなり目をゴシゴシ擦りすぎて、傷をつけてしまうことにならないのか不安もけっこうあり、最初は世話係がつきっきりで見て入れる時間だけ。

朝晩30分~1時間くらいから始めました。
この写真でみると治療している左目も、右目と変わらないくらいキレイに見えますね。
exotic_shorthair_pansy

まだ目の表面が完全にキレイな状態になっているわけではなく、上皮部分がシワのようになっているところや、黒く色素沈着しているところもあるのですが、下からみるとそのあたりは目立たないみたいです。

半年もの間、パンジーの写真といえばカラーを着けているものばかりだったので、カラーを着けていないパンジーの写真を撮れるもの嬉しい。

パンジーは、今まで掻きたくてもピンポイントで掻けなかった耳の後ろ部分を思い切り掻けるのが嬉しそうです。
(強く掻きすぎて、一気に毛が抜け落ちてきましたがw)
exotic_shorthair_pansy

私のリモートワーク中や寝ている間は、まだカラーを着けています。

今はこのドーナツタイプのエリカラをメインに使用中。このタイプだとお水が飲めるので、少し長い時間留守にしても安心なのですが、下に引きずってしまうのでおトイレが不安。。(´・ω・`)ウン

トイレに向かう時はいつも後ろから監視している世話係です。
洗い替え用にもう一つ同じようなものを買ったので、エリカラレポもまた記事にしますね。
exotic_shorthair_pansy

寝る時は枕になるので、寝心地はバツグンのご様子。腹毛があれ散らかっておりますよ・・
exotic_shorthair_pansy
パンジーがカラーを外しているときは、はぐりが枕にしていることも。
exotic_shorthair_haguri

前回の治療記録はこちらにまとめています。気になる方は見てみてくださいね。

猫の点眼生活、目のケアで気を付けていることパンジーの目の治療、初めのケガから数えると4か月目も過ぎてしまいました。 眼科専門病院に通って、エリザベスカラーを着けるように...

点眼回数はしばらく変わらず、1日3種類で15回くらい。次の診察で点眼回数も減るといいなぁ。

4連休も猫にまみれるぞ。

ABOUT ME
はぐパンの世話係
2015年に中古マンションを購入しスケルトンリノベしました。 エキゾチックショートヘアの「はぐりとパンジー」、猫2匹と世話係の暮らし。 猫も人間も心地よく過ごせる暮らしやインテリアの情報をご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA