はぐパンのこと

猫の抜け毛帽子、いろいろかぶってもらいました

毎シーズンわんさか増産される猫の抜け毛。どこにこの量の毛が埋まっていたの!?って毎回思います。今年もようやく地獄の抜け毛シーズンが終わりを迎えようとしています。

猫飼いさんなら一度はやってみたことがあると思うのですが、たまった抜け毛で猫帽子的なことをやって遊んだ画像をまとめてみました!

こちら、たまった抜け毛を身にまとったはぐりちゃん、えらいこっちゃですねw
cat_hat_fallen_hairs

猫の毛質の種類猫は大きく分けると「シングルコート」のタイプと「ダブルコート」のタイプに分かれます。

ダブルコートはトップコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2種類の被毛を持つ猫をさしますが、エキゾチックショートヘアはダブルコート。

このアンダーコートが、抜け毛の季節になるとごっそりと抜けてくるのです。

トップコートのほうが毛は長く少し太め。
アンダーコートは短くて細くふわっとしています。

猫を飼い始めたころは、2種類の毛があるということも知らなかったので、長い方の毛まで伸び揃うものだと思っていました

まず、シンプルにまとめて乗せただけバージョン。
シンプルにといいつつ、ちょっと”んこ”に見えますよね(゜-゜)ウン
cat_hat_fallen_hairs

かぶり物って嫌がる猫ちゃん多いと思うんですが、自分の毛だからなのか、抜け毛は乗せても嫌がらない気がします。
cat_hat_fallen_hairs

ちょっと格好よく、リーゼントスタイル。
顔つきも構えもそれっぽく決めてくれて、さすが、はぐちー
cat_hat_fallen_hairs

cat_hat_fallen_hairs

リーゼントほぐしちゃったバージョン
cat_hat_fallen_hairs

ドンタコスのおじさん風(伝わるかしらw)
cat_hat_fallen_hairs

なんだろ、とりあえずためたやつ全部乗っけました!的な。
cat_hat_fallen_hairs

あ、落ちてしまった。
cat_hat_fallen_hairs

はぐりは(世話係のシャンプーの腕が悪いせいかもですが)フケも出やすいので、抜け毛にもフケが付いていることがチラホラ。

なので抜け毛を長期間袋に入れて保管ってのは衛生的にもよろしくないので、普段は抜け毛をストックすることはしていません。

ワンシーズンの抜け毛を捨てずにずっととって置いたらどのくらいたまるんでしょう。小ぶりのクッションの中身にできるくらいの量がたまるんじゃないかと思ってしまいます。

今回の写真で使った毛は1週間分くらいためたものだったかな。
まだ抜け毛で遊んだことがないよって方がいたら、来シーズンはぜひやってみてくださいね☆

ABOUT ME
はぐパンの世話係
2015年に中古マンションを購入しスケルトンリノベしました。 エキゾチックショートヘアの「はぐりとパンジー」、猫2匹と世話係の暮らし。 猫も人間も心地よく過ごせる暮らしやインテリアの情報をご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA