大規模修繕とマンションのこと

ご近所のマンション大規模修繕のこと

家の周りのマンションが一斉に修繕工事をしてます。この猛暑のなか・・

東京オリンピックの影響で工事費が高騰するから、オリンピックが終わってから修繕工事をしましょう!と決めていた管理組合が多かったのかもしれませんね。

オリンピックが終われば価格高騰が落ち着くと思われていたけど、コロナ過という予想外の事態もあって高止まりの状態が続いているんだそうです。

以前よりも2~3割も工事費がアップしているという記事を見たこともあるのですが、そこまで高騰すると、長期修繕計画の資金計画も見直しが必要になりそうですよね。

ワタシ
ワタシ
毎月の修繕費値上げになったら困る・・

少し前のブログに、「足場を組むのにものすごい時間がかかっているマンションがある」と書いたのは5月半ばのこと。

日々の雑記と旧ブログ閉鎖のお知らせGW明けの1週間の仕事は長すぎましたね。 もう7月の海の日まで祝日がないだなんて。耐えれる気がしません。 い...

4月の初めに足場を組み始めて、けっこう時間かかっているな・・と気になり始め、ブログに書いた後も通るたびに進捗を見守っていました。

ワタシ
ワタシ
気にしすぎなくらい見ちゃってました

なんと、そこから3週間近く経ったころにようやく完全に足場が組み終わってました。

足場を組むのにかなり時間がかかっていたけれど、修繕工事はハイピッチで進んだようで、7月中旬のとある日、ふと見ると正面側の足場が解体されているではありませんか!

え、はやっ!

二度見、いや、三度見しました私。

ものすごい大変身していたんですよ。

もともと周辺の高さ制限ができる以前に建てられた、高さのあるとても古いマンションだったのですが、外観がとても浮いた色だったんですよね。

老朽化に伴って、ベランダの塗装がいたるところで剥がれ落ちたままの状態でした。

駅前の好立地のマンションなのに周りの景観を損ねていて、「果たしてこの修繕されていないことが明らかなマンションを買おうと決心する人はいるのだろうか・・」と思っていました。

一般的にマンションは12年周期で修繕工事を行うのですが、昨今は仕様・工法等の工夫によって、大規模修繕の回数を削減して15年~18年周期に延伸が可能なマンションも出てきたんだそうです。

ワタシ
ワタシ
修繕工事の回数が減れば、負担が減って嬉しいですよね

この駅前のマンションは築50年以上経過していますが、おそらくかなり長期間修繕ができていなかったんだと思います。

住人の方にとっては待望の修繕工事だったはず。

浮いた色だった外観は、とても落ち着いた色調のツートンカラーになり、塗装が剥がれてボロボロの状態だったベランダは新しいパネルに刷新され、見た目年齢が10年は若返った感じです!

何だか見ていてこっちまで嬉しくなりましたよ。

特に外壁のカラー選定はとても良かったと思います。マンションの美観って資産価値に大きく影響しますよね。

ワタシ
ワタシ
上から目線でゴメンナサイね

2年前にうちのマンションでおこなった玄関扉枠の塗装。

この塗装の色選びが失敗しているだけに、外観の印象をがらりと変えたカラー選定はとてもナイスな判断だなぁと思いました。

[マンション修繕工事]玄関塗装完了、猫は大丈夫?当日の様子まとめ先日、マンションの修繕工事で玄関扉の枠だけ塗装工事が終わりました。 扉の内側に貼ってるフィルムシートと色がちぐはぐになるんじゃないかし...

まだ、正面が終わっただけで側面は工事が続いているのですが、面ごとに工事を進めることもあるのですね。

うちのマンションの大規模修繕は、この週はベランダ床面の塗装、次の週は外壁タイルの修繕。みたいに一斉にやっていた記憶です。

 

まだまだ暑さが続いているので、エアコンフル稼働の我が家。

運よく買えた「SUO28°ICEクールリング」は毎日のように使っています。

28℃で自然凍結、「SUO28°ICEクールリング」使ってみました!まだ真夏じゃないはずなのに連日の猛暑、、恐ろしく暑いですね。 職場は週1出社で、炎天下の中、毎日通勤しなくてもいいのは助かりますが...

つい先日、はぐりがクールリングに寄り添ってました。猫にも快適なんですね

はぐり
はぐり
猫用もつくってほしいですよ

パンジーは相変わらず、いたるところでひっくり返っては踊っています。

外出するとき、玄関から見送ってくれる姿を撮るのが最近の日課。

パンジーは見えるところまで出てきてくれますが、

はぐりは顔をのぞかせるだけのことも。そこがまた可愛いんですけどね。

あと1か月、暑さに耐えたら猛暑も終わるんでしょうか。

早く涼しくなってほしい、今日この頃です。

ABOUT ME
はぐパンの世話係
2015年に中古マンションを購入しスケルトンリノベしました。 エキゾチックショートヘアの「はぐりとパンジー」、猫2匹と世話係の暮らし。 猫も人間も心地よく過ごせる暮らしやインテリアの情報をご紹介します。

POSTED COMMENT

  1. ひまわり より:

    覚えてる、足場を組むのが遅くて気にしてたこと。
    そこからは早かったんやねぇ。

    外壁のカラー選定って面積が広いだけに結構難しいと思うんやけど、成功してて素晴らしい。
    落ち着いた色味にし過ぎても暗い印象になるし、明るい印象にし過ぎても落ち着かないし。

    ちなみにうちのマンション、今は平凡な色なんやけど、過去にピンクにしてた時期があったようでw
    見本を見た時はベージュっぽく見えたからOKにしたのに、いざ塗ってみたらピンク寄りの落ち着かない色やったそうです。

    年配の方って妙に明るめの色を選びがちな気がする。
    まわりとの調和とかも考えんとなー。
    お世話係さんが玄関扉の枠にがっかりした気持ちもよおく分かります。

    • >ひまわりさん
      こんばんはー。そうなんです、足場組み終わってからはすごく早かったみたいで。
      外観を刷新してマンションの価値をあげようというのが管理会社も住人も共通の想いだったのでしょうね。
      同じ系列で駅周辺にあと2つ大規模修繕を始めだしているので、そちらも外観変わるのかな。
      同じく築50年以上だけど、そちらは白一色。どうなるか見守っておきます^^

      ひまわりさん宅のマンションも過去にそんな経緯があったのですね。
      見本の小さな色チップだけだと大きな面積と全然印象違いますしね。同じ色で施工しているマンションがあるならその外観写真を
      見せてくれたほうが分かりやすいですよね。

      うちのマンションの玄関扉枠は、修繕費にゆとりがあれば再度塗りなおすべきだって意見も以前でたみたいですw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA